スイーツの雑学

日本のお菓子のおこり

昔から、人類は甘いものに対して相当の憧れと執着をもっていました。体のエネルギーとなる食物を摂取する事とは別に、だんだん食べ物に味覚、つまり塩味、甘味を求めるようになりました。

 

初歩的な甘味としては、果物や種子類、蜂蜜などから摂取していましたが、農耕が起こり、小麦粉が生産されるようになってからお菓子が作られるようになったといわれています。洋菓子の起こりは遡れば、有史以前にもなります。そして当然、この日本でも縄文時代から、栗の実を粉状にしたお菓子が食べられていたといいます。果実や木の実を総じてくだもの、のちに菓子と呼んでいたようです。

 

いまでも会席料理などで、フルーツのことを水菓子というのは、西洋から入ってきた洋菓子と区別するために、あえて水菓子と呼ぶ様になったようです。甘いものが少なかった時代、自然の果物や木の実が唯一の甘み源だった時代が日本では長く続きました。古代では、貴族や金持ちはともかく、好きな様に甘いものが食べられる庶民は多くはありませんでした。

 

東京の結婚相談所|ブライダルオアシス

 

古代から中世日本の菓子

紀元前から大和時代までは、果物を中心に独自の菓子文化が日本にはあったといいますが、もともとの素材の甘みをいかしたものが殆どだったようです。奈良時代、平安時代は、中国、当時の隋や唐より、穀類を粉にして加工する製法、お菓子の製造方法が伝えられるようになりました。

 

遣隋使、遣唐使から大陸文化が伝わったのです。そのことで、それまでの簡単な穀物を使った菓子から、味、形、作り方が凝ったものが製造されるようになったといいます。唐菓子よりもっと工夫を凝らした日本独自のものも作られるようになり、砂糖なども平安時代の末期ごろに輸入されるようになったのです。その後、日本でも砂糖が製造され始め、お茶の生産が活発化してきたのもあって、茶子、点心と呼ばれる茶菓子が必要になってきました。

 

ここで砂糖でつくられた茶菓子が考案されるようになったのです。独自の日本の和菓子が起こってきたのは中世頃からだったようです。唐菓子からだんだん和菓子に変化してきた訳です。

 

立川の英会話教室ならライフジョイクラブ